英哲風雲の会 和太鼓コンサート2005
               2005年8月13日(土)
               沼津市民文化センター 小ホール

出演 上田秀一郎 小泉謙一 田代誠 はせみきた 服部博之
監修 林英哲

演目 第一部 ・山幸      作曲 林英哲
       ・海幸      作曲 林英哲
       ・tension     作曲 はせみきた
       ・千の海響    作曲 林英哲
   第二部 ・神祗      トラディショナル
       ・暁       作曲 小泉謙一
       ・七星      作曲 林英哲
             編曲 英哲風雲の会

ちょっと、自分の行動が信じられませんでしたが、お盆の高速渋滞もETCも初体験しながら沼津入りしたのでした。正直なところ、通常のツアーで英哲さんコンサートが沼津であっても、足は運ばなかったと思います。

予め渋滞でのロス時間を予想しながらも、余裕のある開演2時間前には到着していました。会場(小ホール)の場所を確認してから私は、「戦没者遺骨収集にみる いのちの写真パネル展」や、ロービーに展示されていた広島や長崎の原爆に関するパネルに釘付けになっていました。核兵器廃絶平和宣言都市沼津市としての意思の強さのようなものを感じました。

さて、一部(笑)で心待ちのコンサートレポでも書いて(本当は書きたくない?)みましょう。気合の入るリハのせいか開場が少し遅れていました。

開場を待つ私にある男性が、「一列目のチケット差し上げますけど」と話し掛けて来ました。最前列を好まない私は、全体が見渡せるであろう12列目のチケットで満足だと、丁重にお断りしたのです。後で(終演後の楽屋訪問で)知ることになるのですが、はせくんの関係者のようでした。

演目を記された紙面から、ほとんど英哲さんの楽曲でしたが、5人がどのようにアレンジしてるのかが楽しみで、日頃から少数精鋭による太鼓表現を理想に掲げる私は、その若い手腕の目撃者になりたかったのでしょう。

          つづきはこちらに  (2005.8.15記)

  ****    ****    ****    ****    ****    ****    ****


  ◆主な更新履歴◆

日々雑感の過去ログ

これまでの由無し事

番頭のしゃべログ


コンサートの鑑賞レポート


その他
OTAIKO響2004コンテストの雑

※ご意見ご感想は↓
  番頭(管理者)へ
 
   プロフィール   私的太鼓空間  雑感番外編  ■ 写真館  ■ バチ博物館  ■ 気ままな掲示板


2002年3月17日の復活以来  人目のお客様となりました。ъ( ゚ー^)



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO